1. ホーム
  2. 精力アップの話
  3. ≫オナ禁の効果で勃起を回復!テストステロンが増える7日がメリット

オナ禁の効果で勃起を回復!テストステロンが増える7日がメリット

オナニーを毎日している人って結構多いと思う。

女性からするとマジで?って思うかもしれないけど。
オナニーする男は結構多いんだよね。

だからセックスの際に立たないなんてことがあるらしい。
それを解消するのがオナ禁らしいんだ。

オナニーは悪いことではないんだけど、オナ禁をするとどうも勃起力がアップするらしいんだ。

それも2,3日じゃなくてもっと長い期間。
実際にどれくらいオナ禁するとどんな効果が出るのかを知っておこう。

オナ禁する事でどんなメリットがあるのか?

まず、オナ禁をすることでどんなメリットがあるんだろうか?

具体的にどんな効果があるかを知っておかないと頑張れないから。

具体的に調べてみたいと思う。

ペニスの勃起力がアップしてペニスも大きくなる

オナ禁を始めて数日経つとコレを感じると思う。
そう、敏感になって明らかに勃起力がアップするんだな。

これは男性ホルモンであるテストステロンが関係している。

テストステロンの分泌量が増えていくので、必然的に体内にテストステロンの濃度がアップするんだ。

男性ホルモンが増えると、勃起は敏感になり、性的な刺激に反応が強くなる。
そうすることで勃起力がアップするんだな。

ペニスへの血流もよくなるので、その分ペニスがパンプアップされて大きくなるんだ。

ただし、オナ禁には注意が必要。
2ヶ月とかの長期になると、逆に性欲自体が減退してしまう。

そうなるとせっかく勃起を改善しようとしても、それ自体がしなくなる可能性がある。

オナ禁で女性にモテる

嘘でしょ?って思ったかもしれません。
でもこれも科学的にも検証されている結果なんです。

女性を惹きつけるものってなんだと思いますか?

それがテストステロンであり、男性ホルモンです。
つまりフェロモンってことです。

オナ禁をしていると、フェロモンが多く分泌される状態になります。

そうすると、自然と女性がそれに惹かれて寄ってくるんです。

動物の中でもこれは当たり前ですし、人間でも全く同じことが言えます。

町中でフェロモンが出ている女性が歩いていると振り返りますよね?
本能的に惹かれてしまうのは男性も女性も同じです。

オナ禁をすることで女性にモテるようになるんです。

オナ禁で抜け毛が減って髪の毛が増えた

これもよく聞く話ですよね。
抜け毛が減ったって話。

そもそもオナニーをすると、テストステロンが減ってジヒドロテストステロンが増えます。

これによって抜け毛が増えるという仕組みになっています。

あとは亜鉛不足が考えられますね。
亜鉛は実は髪の毛の材料となっているんですよ。髪の毛の主成分であるケラチンを生成するのに亜鉛は必要です。

射精することで亜鉛はどんどんと消費されていきます。
その分ちゃんと摂取しないと足りなくなるんですね。

二重がハッキリとして男前になる

ちょっとおもしろい反応ですが(笑)

確かに二重がハッキリとする方がいらっしゃるようです。

単純にまぶたのむくみが取れるんですね。
男性ホルモンが多いとそういった効果もありますので、確かに男前になる人はいるでしょう。

肌荒れがなくなって肌の艶が良くなる

実はオナニーを頻繁にしていると、肌荒れや吹き出物などが出る方が多いです。

これは射精によって亜鉛が不足し、蛋白質や亜鉛不足の影響で肌が荒れてしまうんですね。

オナ禁することでテストステロンの濃度は高くなりますので、健康面でも非常に良い状態になります。

そうすると、肌の状態も良くなり新陳代謝にも良い影響を与えます。

オナ禁をすると痩せやすくなる

痩せやすくなってダイエットしやすいっていうのは・・・多少って感じでしょうか。

そもそも男性ホルモンが多いと筋肉が付きやすくなります。

筋肉がつくってことは、代謝量がアップしますし、それによって消費カロリーも増えます。

だからといって物凄く痩せやすいってことではなく、多少効率が良くなると思ったらいいのでは。

オナ禁で精神の安定がはかれる

本当に?と思うかもしれませんが。
テストステロンは実は肉体面だけでなく精神面にも影響をしています。

これによって不安感や心配などの感情が抑えられ、プラス面の喜びや楽しさといった感情が増幅されることになります。

非常に精神面で安定しますし、良い効果を得られるでしょう。

オナ禁することのデメリットとは

デメリット

ここまで良い状況を見てきましたが、実はオナ禁にはデメリットも存在しています。

どんなデメリットがオナ禁にはあるのでしょうか?

性欲そのものが減退してしまう

オナ禁って1週間程度のものであれば非常に良い効果を得られます。
でも長期間になると性欲そのものが無くなるんです。

3ヶ月などの長期になると、それこそ全く性欲が湧きません。

勃起力の改善のためにオナ禁していたのに、立たなくなったら意味ありません。

女性に対して興奮しなくなりますし、セックスしたいという感情もなくなってしまいますよ。

生殖能力の大幅な低下

元々精子は3日間あれば満タンになるようにできています。

それ以上生産されると、精子は体内に吸収されてしまうんですね。

ずっと使われずに体内に吸収されていくと、その機関自体はどんどんと退化していきます。

つまり射精しない時期が続くと、精子の働きそのものがどんどんと落ちてしまうんです。

精子の生産能力も低下しますので、非常に危険な状態と言えます。

オナ禁は逆にテストステロンの減少を招く

オナ禁をするとテストステロンの濃度が上がるって話ししてなかったっけ?

確かにしていたのですが、それが有効なのは実は7日間までなんです。

研究されている結果として、テストステロンはオナ禁8日目から減少する結果が出ています。

7日までは上がるのですが、それ以降はオナ禁以前の状態に戻ってしまうんです。

さらにテストステロンの分泌も必要ないと少なくなってしまい、勃起力や興奮するといった行動がどんどんとなくなってしまいます。

オナ禁は7日まで!週1回のオナニーが必須

ここまで見ていると、大事なのはテストステロンの濃度ってことですね。

それもオナ禁をずっと続ければいいのではなく、長くても7日間までにするのがいいでしょう。

それ以降続けてもテストステロンの濃度は下がりますし、逆に生殖能力や勃起力は低下してしまいます。

それであれば、週に1度はオナニーやセックスをキチンと行って、射精してあげましょう。

適度に勃起させてあげることで、ペニスへと血流を流すことができますしペニスを鍛えることもできます。

ただし、ペニスへの刺激は強すぎないように。優しくオナニーやセックスを行ってください。

オナ禁にサプリメントを組み合わせるとギンギンに勃起する

ここまでオナ禁のメリットやデメリットを見てきましたがいかがですか?

実際にオナ禁は体調も良くなりますし、健康にもいい影響を与えます。

ただし、続けていいのは7日間まで。
週に1回は射精をするようにすればいいってことですね。

それでも勃起力が落ちていたり、なかなかペニスが固くならないってひとがいたら。

できればオナ禁と精力剤サプリを利用することをおすすめします。

精力サプリは亜鉛やマカといった成分を含んでいます。
これらはテストステロンの分泌に必要な成分と言えますね。

また、シトルリンやアルギニンと言った成分は、実は血管を広げる働きがあります。

ペニス内部の毛細血管をひろげてくれることで、ペニスを硬く勃起させることが可能です。

オナ禁と精力剤を一緒に利用する。
そうすれば、立たない悩みとか中折れの心配も改善できますよ。